社会保険労務士事務所とは

社会保険労務士事務所では、労働関連法令や社会保険法令に基づき、行政機関に申請書や届け出書などの書類の作成や手続きを代行します。また、労働管理や社会保険関連の相談や指導も行います。ここでは、社会保険労務士事務所で行う業務について、ご説明します。

社会保険労務士事務所で行う具体的な業務では、まず、企業での人事労務管理があります。トラブルを未然に防ぐ為に情報提供や潜在的問題解決の支援、日常的に発生するどんなに小さな事に対しても、的確にアドバイスなどをしてくれます。
次に、就業規定などの作成や見直しです。雇用主と従業員との信頼関係や、安定した関係性の構築には、規則などの作成や見直しを行い、必要な場合は説明会なども開き、未然に人事労務問題を防ぎます。また、労務診断や行政機関による調査の対応もします。内部に潜んでいる労務リスクを見つけ、改善します。労働基準監督署などの行政機関からの対応では書類などの作成、調査の立ち合いもします。
また、労働保険や社会保険の手続きや更新、給与計算、各種助成金に関する相談、申請も行います。その他では、病気やけがで障害者となった場合、障害年金請求の代行手続きなども行ってくれます。障害年金の仕組みは複雑で、要件の確認や申請書類の作成など、個人で手続きや請求を行うは大変です。確実に請求する為にも、社会保険労務士に依頼するのが賢明です。

社会保険労務士事務所では、この他にも様々な業務があります。的確な指導やアドバイスを行ってくれるので、安心して以来でする事が出来ます。